アクセスカウンタ

<<  2012年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


輝く夜。

2012/01/30 00:02
画像


輝く夜。

百田さんの『永遠の0』が凄く良くて、他の作品も購入してみた。

画像


僕は大体、移動中と寝る前にしか本を読まないのでまた朝起きれなくなりそう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ナイトメアー・ビフォア・クリスマス。

2012/01/28 20:12
画像


ナイトメアー・ビフォア・クリスマス。

昨日なかなか寝れなかったので、久しぶりに見ました。

ハロウィンタウンの雰囲気が凄く好きです。

全体的に暗いけど、かすかに明るいっていう場所やシーンは大好きですね。

あと台詞のほとんどが歌というのも面白いです。

ぜひぜひ見てください。

あと、ハロウィン時期にTDLのホーンテッドマンションはナイトメアー・ビフォア・クリスマス仕様になるので、そちらもおすすめ。

画像


画像


画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Barry Lyndon。

2012/01/26 15:31
画像


Barry Lyndon。

スタンリー・キューブリック監督の作品。

18世紀後半のヨーロッパを舞台に、野望に燃える青年の立身出世と、晩年の悲惨な人生を描いた作品です。

二部構成の長編映画です。

キューブリック監督の映画、やはり映像が素晴らしいです。

衣装、舞台セットが非常に豪華で、映像が引き立てられています。

個人的には、ロウソクで部屋がかずかに明るく照らし出されているシーンが綺麗で大好きです。

画像


画像


画像








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バイオハザード リベレーションズ。

2012/01/26 14:34
画像


買ってしまいました。

そして今プレイ中です。

映像が凄く綺麗です!

そして程よいホラー感。

バイオ6にも期待ですな!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Eyes Wide Shut。

2012/01/23 18:37
画像


Eyes Wide Shut。

スタンリー・キューブリック監督の作品。

サスペンス映画?になるのかな。

ミステリー映画でもある気もしますが。

あらすじなどはwikiとか見てください。

こちらも前回のCHLOEに続いて18オーバーです。

そして女の子と見ない方がいいでしょうw

しかしキューブリック監督の作品は映像が素晴らしいです。


画像


画像


画像



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


キングダムハーツ。

2012/01/21 17:18
画像



キングダムハーツ。

僕が一番好きなゲーム。

ストーリー、キャラデザイン、音楽、全て良い。

ストーリーに関しては、伏線がありまくりですね。

なので話の展開が非常に気になるので、気が付いたら熱中してプレイしてしまうと思います。

操作感もさくさく敵を倒していく爽快感が良いです。

キャラデザインもFFっぽさがって最高に好きですね。

ディズニーのキャラクターが登場したりするので、女の子も楽しみながら進めれるゲームだと思います。

非常にお勧めのゲームです。

そして三月に発売予定のキングダムハーツ3Dの同梱版も欲しい!


画像


画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


CHLOE。

2012/01/19 22:06
画像


CHLOE。

アトム・エゴヤン監督の作品。

夫の浮気を疑ってその妻が夫にいろいろと試すんですが、妻の方が結局自滅に陥っていくという話。

彼女とかと一緒に見ない方がいいでしょうw

逆にこれ見ることを勧められたら警告でしょうねw

内容もOver18からです。

サスペンス映画として楽しめる作品でした。


画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


息抜きのススメ。

2012/01/16 22:47
たまには自分の事を書いてみようと思います。

今日は僕の息抜きの方法について。




*Toy Camera*
画像


カメラに興味を持ち始めたのが学部の4回生の時。

デジタル化が進む中、アナログなトイカメラを使っています。

去年の9月までDiana+を使っていましたが、今はLC-A+を愛用しています。

近くに京都とかあるので、トイカメラを持ってぶらぶら出かけます。


*Movie*
画像


映画はかなり見ます。

決まって週に二本くらいですね。

僕はスタンリー・キューブリック監督の作品が大好きです。

特に『2001年宇宙の旅』、『時計じかけのオレンジ』が好きです。

新作の映画もよく見ます。

映画を観てるときって他の事も忘れることができるので、息抜きにもってこいですね。

最近観た映画で一番面白かったのは『モンガに散る』です。


*Podcast*
画像


Podcastを聞きながらネットサーフィンをします。

寝る前は大体Podcastを聞いてますね。

おかげで寝る時間が遅くなって、次の日の朝起きれない。


*Comic*
画像


面白そうな漫画はちょいちょい買っています。

絵が綺麗な漫画には特に惹かれますね。

最近見た漫画で面白かったのは『アイアムアヒーロー』、『テルマエ・ロマエ』。


*Game*
画像


息抜きの鉄板でしょう笑

週に二本くらい購入して、プレイしていました。

今は学校が忙しいので週に一本に減りました。

最近はマリオギャラクシーに再びはまっています。

『マリオギャラクシーシリーズ』、プレイしていて楽しいし、フィールドが非常に綺麗なので、大好きです。


*Programming*
画像


プログラムを書くのは良い気分転換になります。

Androidアプリを開発するのも気分転換の一つです。

この機能つけたら面白くなるかも、アプリでこんなことできたら面白いんじゃない?みたいなこと思いついたら
取りあえずプログラムを書いてみます。

『Toy Camera Collection』も実はその一つです。


*Go Out*
画像


何かおいしい物を探しに大阪や京都をぶらぶらしに行きます。

最近、食べすぎでカロリーを気にした方がいいかもしれない。


*Sweets*
画像


お菓子を食べます。

ハーゲンダッツのラムレーズンにはまっています。

最近、食べすぎでカロリーを気にした方がいいかもしれない。(2回目)



こんなところでしょうか。

息抜きを上手くすれば仕事の効率があがるので、自分の好きなことだけをする時間も大切にしたいですね。
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


iPhoneアプリ。

2012/01/15 01:12
画像



iPhoneアプリについて。

僕はAndroidアプリを開発しているんですが、普段使っているのはiPhoneなのです笑

そこで僕がよく使う、お勧めのiPhoneアプリを少しご紹介します。


    

・Camera+

画像



素晴らしいとしか言いようがない。
撮影した写真の雰囲気をがらりと変えることができます。
操作性も抜群。

画像


画像


画像





・TiltShift Generator

画像


ぼかしが非常にきれいですね。
私見ですが、いちばん綺麗なぼかしができると思います。
Camera+と組合わせてこちらも使います。

画像


画像


画像




・一眼トイカメラ

画像


アプリを起動して、普通に写真を撮るだけで自動的に写真を加工してくれます。
煩雑な操作が全くありませんので、簡単に綺麗な写真を撮りたいという方にお勧めですね。


画像


画像


画像





・tweetbot

画像


数あるtwitterアプリの中で一番操作しやすかったですね。
UIが非常にかわいい。
操作する時の効果音も良いですね。



・次にすること

画像


このアプリは毎日使っていますね。
明日やることを、前日にタスクとして登録しています。
その日やることを明確にできて重宝しています。



・GoodReader for iPhone

画像


このアプリは必須でしょう。
多機能なビューアアプリ。



・パスワード管理

画像


パスワードを管理するためのアプリ。

就活生は重宝するのではないでしょうか。
エントリーした会社のマイページIDやpasswordを保存しておけば、いつでもどこでもiPhoneからマイページにログインでき、非常に便利です。




・BB2C

画像


説明は不要でしょう笑。
某掲示板を見る専用プラウザ。
サクサク閲覧できます。

・2chまとめサイトリーダー

画像


某掲示板のまとめサイトリーダー。

笑える話からタイムリーな話題までゲットできます。
使いやすく、見やすいです。



といったところでしょうか。

他にもお勧めがたくさんあるのですが、ありすぎて紹介しきれません。

気になった方はぜひぜひダウンロードしてみてください。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スパルタカス。

2012/01/14 00:26
画像



スパルタカス。

スタンリー・キューブリック監督の作品。



ローマ帝国時代、大将軍クラサスに叛乱軍を組織して立ち上がった奴隷スパルタカスの物語を映画化したスペクタクル巨編。

奴隷のスパルタカスは奴隷商人バタイアタスに買われ、剣闘士となり、剣闘士としての訓練を受けていた。

ある日、ローマの偉大な将軍クラサスが訪れ、剣闘士の真剣勝負を要請した。スパルタカスを含め4人の奴隷が選ばれた。

スパルタカスと黒人のドラバが戦い、スパルタカスを仕留める寸前にトラバはクラサスに向かって槍を投げつけたためその場で処刑される.......



約3時間30分もの超大作です。

戦闘シーンは迫力があって、見ていてどきどきします。

史実に基づいて作られた作品なので、最後は悲しい終わり方をします。

当時のローマ帝政の一部分を観ることができる作品ではないでしょうか。


画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


モールス。

2012/01/13 04:34
画像



モールス。

トーマス・アルフレッドソン監督の作品。

映画『ぼくのエリ 200歳の少女』とその原作小説『モールス』を元に作られた作品。

ホラー恋愛映画です。



1983年の冬。

12歳の少年オーウェンが暮らす団地の隣室に謎めいた少女が父親と越してくる。

学校では陰湿な苛めにあい、家では精神的に不安定な母親との息苦しい生活に孤独感を強めていたオーウェンは、アビーと名乗る少女と夜の中庭で言葉を交わすのが楽しみになる。

やがて、壁越しにモールス信号を送り合うようになり、アビーはオーウェンに苛められたらやり返せと励ます。

同じ頃、町では連続猟奇殺人事件が起きていた.....。




好きになった娘が、実はヴァンパイアだったというお話です。

見終わったらちょっと切なくなる映画です。

映画見て、原作を購入してしまいました。

非常にお勧めできる映画です。



画像


画像


画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バイオハザード。

2012/01/11 20:17
画像



ゲームのバイオも好きですけど映画の方も全部見てますよ。

ゲームと映画ではストーリーが違いますけど、ゲームで登場してたキャラクターが映画で出てきた時は非常にわくわくします。

特にウェスカーとか4のマジニとかね。

ゲームのバイオをしたことがない人も映画は楽しんで見れます。

アクションの迫力が凄いのでおすすめです。

画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DeathNote。

2012/01/10 17:27
画像


DeathNote。

漫画だけではなく、劇場版も見てますよ。

ノートに名前を書いたらその人が心臓麻痺で亡くなるっていう話。

バクマンと同じ人が絵を描いていて、非常に綺麗。

絵が綺麗なのでつい全巻買ってしまう漫画です。

絵だけでなく、内容も十分楽しいです。

もちろん劇場版も面白いです。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


博士の異常な愛情。

2012/01/08 22:30
画像


博士の異常な愛情。

スタンリー・キューブリック監督の作品。


合衆国の戦略空軍基地。

リッパー将軍の副官として赴任したマンドレイク英空軍大佐(ピーター・セラーズ)は、突然「R作戦」開始の命令をうけて愕然とした。

ソ連攻撃に備えた緊急かつ最高の報復作戦「R」を下令するのだ。

基地は完全に封鎖され、厳戒態勢がとられた。

また哨戒飛行機の全機も通信回路が遮断され、基地からの指令だけしか受けられない状態になり、50メガトンの水爆を搭載、直ちにソ連内の第1目標に機首を向けた。

その直後、大佐は司令官が精神に異常をきし、敵の攻撃もないのに独断でこの処置をとったことを知ったが、手遅れだった。

その頃国防省の最高作戦室では、大統領(ピーター・セラーズ)を中心に軍部首脳と政府高官が事態の処理をめぐって激論を交わしていた。

議長のタージッドソン将軍(ジョージ・C・スコット)は時間の緊迫を訴え、編隊の呼戻しが不可能な以上、全力をあげソ連に先制攻撃をかける以外道のないことを説いた。

しかし、大統領はソ連大使に事態を説明、撃墜を要請した。

だが、1発でも水爆が落ちれば全世界は死滅する。解体は不可能なのだ。

米国兵器開発局長官ストレンジラブ博士(ピーター・セラーズ)はこの存在を証明した。

同じ頃、大統領の命令をうけたガーノ陸軍大佐指揮下の部隊は基地接収のため交戦中だった。

やがて基地警備隊は降伏、司令官は自殺、マンドレークは呼返しの暗号を発見した。

ミサイル攻撃を受け、通信機に損傷を受けた、キング・コング少佐(スリム・ピケンズ)の機だけは目標に直進していた……地球上のあらゆる場所を核爆発の閃光が彩っていった…。




冷戦時代の米ソの対立を皮肉った映画です。

かなりブラックコメディ。

ストーリーからエンディングの曲まで風刺が効いています。

最高のブラックコメディ映画です。

ちなみに一番下の写真のピーターセラーズは映画内で三役もしています。


画像


画像


画像


画像







記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


TROY。

2012/01/07 00:20
画像



ウォルフガング・ペーターゼン監督の作品。


ギリシアのスパルタとトロイの間に無血同盟が結ばれた。スパルタのメネラウス王(ブランダン・グレッソン)は、長年にわたる敵であるトロイの王子ヘクトル(エリック・バナ)を和解の宴に招いた。それを祝うための宴がスパルタで催されていた。

二人の指導者が長年続いた戦争と破壊の終結を祝った日の夜、ヘクトルの弟で数々の浮き名を流してきていたパリス(オーランド・ブルーム)は、メネラウスの妻ヘレン(ダイアン・クルーガー)の寝室に忍び込んだ。

二人は出会った瞬間から、禁断の恋に落ちていた。そして、パリスは情熱のままに、ヘレンをメネラウスの宮殿から奪い去る。

トロイ侵攻の口実を得たギリシア王アガメムノン(ブライアン・コックス)は、屈辱に燃える弟のスパルタ王メネラオスとともに、全ギリシアを挙げての進軍を開始する。

アガメムノンは、対トロイ戦争に参戦させるために、アキレス(ブラッド・ピット)を呼び出す。アキレスは、敵がその名を耳にしただけで恐怖に凍りつくといわれる無敵の戦士だった。

人々はアキレスの母親は女神であり、彼が母親から不死の力を与えられていると噂したほどだった。

だが、このアキレスとアガメムノンは不仲である。

千艘ものギリシア軍の船がトロイの海岸に上陸し、アキレスがその超人的な能力で攻勢をかけると、ギリシア軍はたちまち海岸を占領した。

ヘレンは、自分が幸福を手に入れた代償に心を痛めるが、どうすることもできない。

パリスの愛が彼女を支えていたが、パリスも自らが同胞にもたらした災厄に打ちひしがれていた。

アキレスは、個人的な利得のためだけに行動するアガメムノンに対する軽蔑を隠そうとしない。アキレスは自分以外の誰かのために戦うことはなかった。

トロイとの戦いはギリシア勢の思うようには進まなかった。その中で、アキレスはブリセウス(ローズ・バーン)と出会う。プリセウスはヘクトルの従姉妹である。

アキレスの功績に対する戦利品として与えられたものだったが、アガメムノンがアキレスへの怒りと嫉妬からブリセウスをさらってしまう。激怒したアキレスは王のために戦うことを拒否する。

アキレスを欠いたギリシア軍は苦戦を強いられることになる。



3時間というちょっと長めの映画です。

合戦シーンや決闘シーンも非常に迫力があります。

ギリシャ神話好きや、ブラピファンの方にお勧めの映画です。

画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


時計じかけのオレンジ。

2012/01/06 01:31
画像


スタンリー・キューブリック監督の作品。


舞台は近未来のロンドン。

クラシック音楽、中でもベートーベンをこよなく愛する15歳のアレックス・デラージ (Alex DeLarge) をリーダーとする少年4人組"ドルーグ"は、今夜もコロヴァ・ミルク・バーでドラッグ入りミルク"ミルク・プラス"を飲みながら、いつものように夜の世界の無軌道的な暴力行為"ウルトラヴァイオレンス"の計画を立てていた。

労働の担い手とならない老人は街中にゴミのように打ち捨てられホームレスとなっていたが、アレックスたちは酔って寝ていたホームレスを棍棒でめった打ちにする。

他の不良グループ(ビリーボーイズ)は"デボチカ"少女を"フィリー"強姦すべく、廃墟に連れ込み血気盛んに衣服を剥ぎ取りベッドに押し倒すが、見計らったかのようにアレックスたちが現れ、全員を棍棒で叩きのめす。

その乱闘中にサイレンの音が近づき、アレックスたちは逃走する。

興奮冷めない一行は盗んだ車で郊外へ走り、困窮を装って助けを求め、親切心から扉を開いた作家の家にマスクを被って押し入り『雨に唄えば』を歌いながら暴れ、作家の妻を輪姦した。

その後、グループのリーダーをめぐって仲間とちょっとしたいざこざを起こすが、その夜仲間と共に金持ちが住む一軒家へ強盗に出かける。アレックスは男性器をかたどったオブジェで老婦人を"トルチョック"し撲殺するが、仲間から裏切られて彼だけが警察に逮捕され、懲役14年の実刑判決を下される...




非常に暴力的な描写が部分部分ででてくるので、不快に感じる人もいるかもしれない映画。

内容はおいといて、、『2001年宇宙の旅』もそうだけど、この映画も映像が凄く良かったです。

曲使いの上手さ、小道具は素晴らしいと思います。

内容だけ見れば、積極的にお勧めできる映画じゃないので、ちょっと興味をもったのであれば見てほしい映画です。


画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バクマン。

2012/01/05 15:13
画像


昨日新刊の発売日だったので、買ってきた。

若い二人の漫画家が一緒にになって、作品を作っていく漫画です。

非常に面白いですよ。

絵を描いている人は『DeathNote』、『ヒカルの碁』、『あやつり左近』も描いた小畑さん。

線が細かく書かれていて非常に絵が綺麗で好きです。

面白くてお勧めです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ぷよぷよ!!。

2012/01/03 16:53
画像


買っちゃったよ。

ぷよぷよは何回やっても飽きない。

幼稚園のころから(メガドライブ時代から)ずっとプレイしているせいか、異常なほど強くなりすぎた。

もう頭の中でぷよぷよの配置組み立て構成ができあがってしまっているっていうね。

みなさん、ぷよぷよしましょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


SALT。

2012/01/02 19:52
画像


SALT。

フィリップ・ノイス監督の作品。

アンジェリーナ・ジョリー主演のスパイ・アクション作です。

幼少期より特殊工作員としての訓練を受け、任地で虎視眈々と決行の時を待ち続けてきた人々の話です。


ある日、ロシアからやってきた謎の密告者オルロフによってCIAにもたらされた情報は、アメリカの仕業に見せかけた訪米中のロシア大統領暗殺計画と、その為にロシアから送り込まれたソルトという名の女スパイの存在だった。

罠だと懇願するソルトだったがCIAに二重スパイを疑われ追われるハメに。

CIA本部からの脱走に成功したソルトは翌日、髪をブロンドから黒に染めかえてアメリカ副大統領の葬儀に出席していたロシア大統領を襲撃する。その後、一度はCIAに投降したかのように見えたソルトだったが、再びパトカーから逃げ出し、行方をくらませてしまう。



アクション映画好きの方は一度見てみる価値はあると思います。

続編が出そうな締めくくりだったのに監督は続編を制作しないと明言しているのが残念。。


画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2012年1月のブログ記事  >> 

トップへ

NORAKURA 2012年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる